本文へスキップ

University of Tsukuba, Laboratory of Fungal Interaction and Molecular Biology

メンバーMEMBERS

 千葉 悠斗(CHIBA Yuto)・日本学術振興会 特別研究員(DC2)


主な研究テーマ

  • 真核生物におけるRNAウイルス多様性の解明
  • 真菌ウイルス生態の解明

連絡先

E-mail : s2030261(at)s.tsukuba.ac.jp
    ※(at)を@にかえてください。


学歴

2020年〜 筑波大学大学院 理工情報生命学術院 生命農学学位プログラム在籍
2020年  筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物資源科学専攻 修士課程修了
2018年  横浜市立大学 国際総合科学部 理学系 卒業


職歴

2021年〜 日本学術振興会特別研究員DC2


受賞歴

1. 2020年 筑波大学生物資源科学専攻修士論文優秀賞
2. 2020年 The 8th Global Network Forum on Infection and Immunity, Best poster awards
3. 2019年 第40回関東医真菌懇話会 優秀演題賞



研究業績

論文
  1. Fujita, R., Inoue, M. N., Takamatsu, T., Arai, H., Nishino, M., Abe, N., Itokawa, K., Nakai, M., Urayama, S.-I., Chiba, Y., Amoa-Bosompem, M., & Kunimi, Y. Late Male-Killing Viruses in Homona magnanima Identified as Osugoroshi Viruses, Novel Members of Partitiviridae. Front. Microbiol. 11: 620623 (2020)

  2. Chiba Y, Oiki S, Yaguchi T, Urayama S*, Hagiwara D*. Discovery of divided RdRp sequences and a hitherto unknown genomic complexity in fungal viruses. Virus Evol. 7(1):veaa101 (2020) (プレスリリース

  3. Takahashi-Nakaguchi A* , Shishido E, Yahara M, Urayama S, Ninomiya A, Chiba Y, Sakai K, Hagiwara D, Chibana H, Moriyama H, Gonoi T. Phenotypic and molecular biological analysis of polymycovirus AfuPmV-1M from Aspergillus fumigatus: Reduced fungal virulence in a mouse infection model. Front. Microbiol. 11: 607795 (2020)

  4. Urayama S*, Doi N, Kondo F, Chiba Y, Takaki Y, Hirai M, Minegishi Y, Hagiwara D, Nunoura T. Diverged and active partitiviruses in lichen. Front. Microbiol. 11: 561344 (2020)

  5. Chiba Y, Tomaru Y, Shimabukuro H, Kimura K, Hirai M, Takaki Y, Hagiwara D, Nunoura T, Urayama S*. Viral RNA genomes identified from marine macroalgae and a diatom. Microbes and Environments, 35(3): ME10016 (2020)



総説・解説
  1. 浦山俊一、千葉悠斗、高木善弘、萩原大祐、布浦拓郎、「再構築された”ウイルス生態像”」バイオテクノロジー学会、19, 5-12 (2019)







バナースペース

筑波大学 糸状菌相互応答講座

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
生物農林学系棟
B211, B212, F209

TEL:
029-853-2672(萩原 B212)
029-853-6636(浦山 B211)