本文へスキップ

University of Tsukuba, Laboratory of Fungal Interaction and Molecular Biology

メンバーMEMBERS

 浦山俊一(URAYAMA, Syun-ichi)・助教



主な研究テーマ

  • 真菌ウイルス生態の解明
  • 真菌ウイルスによる植物病原真菌の防除
  • 網羅的RNAウイルス検出技術の開発
  • 海洋環境におけるRNAウイルス多様性の解明

連絡先

E-mail : urayama.shunichi.gn(at)u.tsukuba.ac.jp
    ※(at)を@にかえてください。


学歴

2009年~2012年 東京農工大学大学院 連合農学研究院
2009年~2007年 東京農工大学大学院 生物制御科学専攻
2003年~2007年 東京農工大学農学部 応用生物科学科
2000年~2003年 都立戸山高校


職歴

2017年~ 現職
2014年~2017年 海洋研究開発機構 ポストドクトラル研究員
2013年~2014年 東京農工大学 産学官特別研究員
2011年~2013年 日本学術振興会特別研究員(DC2)


受賞歴

1. 2017年度 M&E論文賞. 日本微生物生態学会. 2017年8月.
2. Excellent Poster Prize. The 2nd Korea-Japan Joint Symposium 2012, March 27-28, 2012.
3. 日本植物病理学会学生優秀発表賞. 平成24年度植物病理学会大会. 2012年3月.



研究業績

論文  総説・解説  特許  招待講演  研究資金 


論文
  1. Urayama S*, Takaki Y, Nishi S, Yoshida-Takashima Y, Deguchi S, Takai K, Nunoura T. Unveiling the RNA virosphere associated with marine microorganisms. Molecular Ecology Resources, in press.
    (Open Access)

  2. Urayama S*, Takaki Y, Nunoura T, Miyamoto N. Complete genome sequence of a novel RNA virus identified from a deep-sea animal, Osedax japonicus. Microbes and Environments. in press.

  3. Okada R, Ichinose S, Takeshita K, Urayama S. I, Fukuhara T, Komatsu K, Arie T, Ishihara A, Egusa M, Kodama M, Moriyama H. Molecular characterization of a novel mycovirus in Alternaria alternata manifesting two-sided effects: Down-regulation of host growth and up-regulation of host plant pathogenicity. Virology, 519: 23-32 (2018).

  4. Aihara M, Urayama S, Le MT, Katoh Y, Higashiura T, Fukuhara T, Arie T, Teraoka T, Komatsu K, Moriyama H. Infection by Magnaporthe oryzae chrysovirus 1 strain A triggers reduced virulence and pathogenic race conversion of its host fungus, Magnaporthe oryzae. Journal of General Plant Pathology, 84(2): 92-103 (2018).

  5. Yoshida M, Mochizuki T, Urayama S, Yoshida-Takashima Y, Nishi S, Hirai M, Nomaki H, Takaki Y, Nunoura T, Takai K. Quantitative viral community DNA analysis reveals the dominance of single-stranded DNA viruses in offshore upper bathyal sediment from Tohoku, Japan. Frontiers in Microbiology, doi: 10.3389/fmicb.2018.00075, (2018)

  6. Urayama S, Kimura Y, Katoh Y, Ohta T, Onozuka N, Fukuhara T, Arie T, Teraoka T, Komatsu K, Moriyama H. Suppressive effects of mycoviral proteins encoded by Magnaporthe oryzae chrysovirus 1 strain A on conidial germination of the rice blast fungus. Virus Research, 223(2): 10–19 (2016)

  7. Koyama S, Sakai C, Cathleen E T, Nunoura T, Urayama S. A new member of the family Totiviridae associated with arboreal ants (Camponotus nipponicus). Archives of virology, 161(7): 2043–2045 (2016)

  8. Urayama S*, Takaki Y, Nunoura T. FLDS: A comprehensive dsRNA sequencing method for intracellular RNA virus surveillance. Microbes and Environments, 31(1): 33–40 (2016)

  9. Komatsu K, Urayama S, Katoh Y, Fuji S, Hase S, Fukuhara T, Arie T, Teraoka T, Moriyama H. Detection of Magnaporthe oryzae chrysovirus 1 in Japan and establishment of a rapid, sensitive and direct diagnostic method based on reverse transcription loop-mediated isothermal amplification. Archives of virology, 161(2):317–326 (2016)

  10. Koyama S, Urayama S, Ohmatsu T, Sassa Y, Sakai C, Takata M, Hayashi S, Nagai M, Furuya T, Moriyama H, Satoh T, Ono S, Mizutani T. Identification, characterization and full-length sequence analysis of a novel dsRNA virus isolated from the arboreal ant Camponotus yamaokai. Journal of General Virology, 96:1930–1937 (2015)

  11. Urayama S*, Yoshida-Takashima Y, Yoshida M, Tomaru Y, Moriyama H, Takai K, Nunoura T. A new fractionation and recovery method of viral genomes based on nucleic acid composition and structure using tandem column chromatography. Microbes and Environments, 30(2):199–203 (2015)

  12. Urayama S, Katoh Y, Fukuhara T, Arie T, Moriyama H, Teraoka T. Rapid detection of Magnaporthe oryzae chrysovirus 1-A from fungal colonies on agar plates and lesions of rice blast. Journal of General Plant Pathology, 1-6 (2014)

  13. Urayama S, Fukuhara T, Moriyama H, Toh-e A, Kawamoto S. Heterologous expression of a gene of Magnaporthe oryzae chrysovirus 1 strain A disrupts growth of the human pathogenic fungus Cryptococcus neoformans. Microbiology and Immunology, 58(5):294–302 (2014)

  14. Urayama S, Sakoda H, Takai R, Katoh Y, Tuong M L, Fukuhara T, Arie T, Teraoka T, Moriyama H. A dsRNA mycovirus, Magnaporthe oryzae chrysovirus 1-B, suppresses vegetative growth and development of the rice blast fungus. Virology, 448: 265–273 (2014)

  15. Urayama S, Ohta T, Onozuka N, Sakoda H, Fukuhara T, Arie T, Teraoka T, Moriyama H. Characterization of Magnaporthe oryzae chrysovirus 1 structural proteins and their expression in Saccharomyces cerevisiae. Journal of Virology, 86(15):8287–8295 (2012)

  16. Urayama S, Kato S, Suzuki Y, Aoki N, Minh T L, Arie T, Teraoka T, Fukuhara T, Moriyama H. Mycoviruses related to chrysovirus affect vegetative growth in the rice blast fungus Magnaporthe oryzae. Journal of General Virology, 91(12):3085–3094 (2010)

  17. Urayama S, Moriyama H, Aoki N, Nakazawa Y, Okada R, Kiyota E, Miki D, Shimamoto K, Fukuhara T. Knock-down of OsDCL2 in rice negatively affects maintenance of the endogenous dsRNA virus, Oryza sativa endornavirus. Plant and Cell Physiology, 51(1):58–67 (2009)

    ( * 責任著者)


総説・解説
  1. 浦山俊一・布浦拓郎. 「変化する“ウイルス像” 生物と共栄するウイルス」. バイオサイエンスとインダストリー. 76巻, 3号. 228-230頁. 2018年.

  2. 浦山俊一. 「病気を起こさず宿主と共存するウイルス」. リサーチ最前線 微生物生態学会和文誌32巻. 58-59頁. 2017年. (PDF)

  3. 浦山俊一・布浦拓郎. 「環境中RNA ウイルス検出のための網羅的ゲノム解析手法の開発」. バイオサイエンスとインダストリー. 74巻, 4号. 316-317頁. 2016年.

  4. 浦山俊一・吉田光宏・吉田(高島)ゆかり. 「地球最大のウイルス貯留池:海洋─遺伝資源としての海洋ウイルス利用を目指して」. 生物の科学 遺伝. 69巻, 4号. 272-277頁. 2015年.

  5. 森山裕充・浦山俊一・小松 健. 「イネいもち病菌に感染するマイコウイルスの分子遺伝学及び生化学的解析」. ウイルス. 65巻, 2号. 219-228頁. 2015年.

  6. 浦山俊一・森山裕充・寺岡 徹・川本 進. 「ウイルスの毒性遺伝子を用いた病原菌の生育抑制~植物病原菌からヒト病原菌への応用~」. バイオサイエンスとインダストリー. 73巻, 4号. 306-307頁. 2015年.

  7. 浦山俊一・Le Minh Tuong・岡田亮・加藤優・福原敏行・有江力・森山裕充・寺岡徹. 「イネいもち病菌の病原力(性)と菌類ウイルスの作用とその応用」. 土と微生物 (Soil microorganisms). 68巻, 1号. 3-5頁. 2014年.

  8. 浦山俊一・森山裕充. 「イネいもち病菌マイコウイルスの生物防除資材としての開発」. JATAFFジャーナル, 1巻,12号. 19-23頁. 2013年.

  9. Toshiyuki Fukuhara, Syunichi Urayama, Ryo Okada, Eri Kiyota, Moriyama H. 「Detection of long and short double-stranded RNAs」. Methods Mol. Biol. 744:129-144. 2011.

  10. 森山裕充・青木菜々子・加藤幸栄・鈴木佑・浦山俊一・浮池孔洸・児玉基一朗・有江力・寺岡徹・福原敏行. 「イネいもち病菌及びアルタナリア菌の生育を抑制するマイコウイルスを世界で初めて発見」. ブレインテクノニュース. 132号 5-9頁. 2009年.



特許
  1. 浦山俊一・布浦拓郎・出口茂. 「二本鎖RNAの断片化方法およびその利用」. 特願2015-202234. (出願日2015年10月13日).

  2. 森山裕充・浦山俊一. 「真菌の生育を促進する方法」. PCT/JP2013/083784 (出願日2013年12月17日 優先日2012年12月19日).

  3. 森山裕充・浦山俊一. 「抗真菌剤」. PCT/JP2013/083783 (出願日2013年12月17日 優先日2012年12月19日).


招待講演
  1. 「病気を起こさず宿主と共存するウイルス~生物相互作用の理解にウイルスの視点を~」. 環境バイオテクノロジー学会2018年度大会. 2018年6月26日.

  2. 「RNA-seqの副産物としてウイルスが見つかる時代でもウイルスメタゲノム」. NGS現場の会. 2017年5月23日.

  3. 「RNAウイルス一網打尽を可能にする新技術:小麦粉じゃなく片栗粉!」. 北大若手研究者交流会. 2017年1月20日.

  4. 「2本鎖RNA分子に着目したRNAウイルス網羅的探索手法とその実施例の紹介」. 一般公開環境ウイルス研究合同シンポジウム. 2016年10月17日.

  5. 「宿主を殺さず共存するウイルスを網羅する時代へ」. 日本微生物生態学会. 2016年10月24日.

  6. 「高効率dsRNAシークエンシングによる細胞内RNAウイルスワールドの発見」. 日本微生物生態学会. 2015年10月20日.

  7. 「いもち病菌弱毒化ウイルス研究が拓くウイルスの遺伝資源利用―ヴァイロコントロール研究者、海で溺れる?―」. 日本植物病理学会関東部会(若手の会). 2014年9月12日.



研究資金
  1. 2018~2020年度(分担)(代表:布浦拓郎)
    科研費:挑戦的研究(開拓)
    「非レトロRNAウイルス網羅解析技術による新しいRNAウイルス学の創出」

  2. 2018~2020年度(分担)(代表:木村圭)
    科研費:挑戦的研究(萌芽)
    「海藻に感染する,新奇「善玉・悪玉」RNAウイルスの探索と機能解明」

  3. 2018~2019年度(代表)
    科研費:挑戦的研究(萌芽)
    「宿主と“共生的”なウイルス伝播機構の解明」

  4. 2017~2020年度(分担)(代表:福原崇介)
    J-PRIDE
    「肝移植後の病態と予後に関与するRNAウイルスの探索」

  5. 2016年度(代表)
    JAMSTECイノベーション促進プログラム

  6. 2014~2015年度(代表)
    科学研究費補助 研究活動スタート支援

  7. 2011~2012年度(代表)
    独立行政法人日本学術振興会(JSPS) 特別研究員奨励費



バナースペース

筑波大学 糸状菌相互応答講座

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
生物農林学系棟
B211, B212, F209

TEL:
029-853-2672(萩原 B212)
029-853-6636(浦山 B211)