本文へスキップ

University of Tsukuba, Laboratory of Fungal Interaction and Molecular Biology

糸状菌(カビ)の未知なる力を探求する

About us

 有用な生理活性物質や酵素を産生する事で社会に広く貢献している糸状菌には、まだ底知れない能力が眠っていると考えられています。当講座では、他者との相互作用・相互応答を介して、糸状菌の潜在的な生理機能を探究し、そのメカニズムを理解する事を目的としています。また、植物や動物に病気を起こす病原糸状菌や、カビ毒により作物等を汚染するものもいます。このような害悪の抑制を目指した研究も進めていきたいと考えています。
 「糸状菌相互応答講座」は発酵研究所の助成により設置された寄付講座です。新しい糸状菌研究を推進していくフロントランナーとして、多方面の研究者と協力しながら、日々挑戦していきたいと考えています。

新着情報新着情報

2018年9月13日
浦山助教が発表した研究が、プレスリリースされました。詳しくはこちら
2018年9月13日
The 7th Global Network Forum on Infection and immunity(11/30-12/1)において、萩原が講演します。
2018年8月10日
7月20日に開催した糸状菌相互応答学セミナーの様子をアップしました(こちら)。
2018年6月1日
「メンバー」「業績」などを更新しました。
2018年6月1日
環境バイオテクノロジー学会2018年度大会(6月25,26日)のシンポジウム「環境バイオテクノロジーに資する新たな技術」において、浦山が講演します。
2018年3月27日
第91回日本細菌学会総会のワークショップ「病原真菌の薬剤耐性(AMR)研究の新展開」において、萩原が講演します。
2018年1月24日
1月15日に開催された開設記念シンポジウムの様子をアップしました(こちら)。
2018年1月24日
個人(萩原、浦山)の業績を更新しました。
2018年3月18日
日本農芸化学会2018年度大会のシンポジウム「先進解析技術が拓く糸状菌研究〜若手研究者が照らすフロンティア〜」において、萩原が講演します。
2018年1月15日
本講座の開設記念シンポジウムを、筑波大学大学会館において開催します。案内はこちらです。
2018年1月11日
日本マイコトキシン学会 第81回学術講演会のシンポジウム「糸状菌の二次代謝産物に関する最新の話題(仮)」において萩原が講演します。
2017年12月7日
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)のワークショップ「多様な微生物に見出したユニークな細胞・酵素機能とその応用」で萩原が講演します。
2017年11月15〜17日
第5回糸状菌分子生物学研究会若手の会WS、および第17回糸状菌分子生物学コンファレンスin佐賀に萩原と浦山が参加します。
2017年11月6日
筑波大学「微生物サステイナビリティ研究拠点」第2回セミナーで萩原が講演します。
2017年11月6日
HPを開設しました。

バナースペース

筑波大学 糸状菌相互応答講座

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
生物農林学系棟
B211, B212, F209

TEL:
029-853-2672(萩原 B212)
029-853-6636(浦山 B211)